論文検索アンテナ

論文検索をすこし身近に、すこしべんりに。

大学図書館研究の検索結果

もしかして: 大学図書館研究  大学図書館研究会  大学図書館研究 投稿規定  大学図書館研究 雑誌  大学図書館研究 投稿  大学図書館研究 査読 

オーストラリアの大学図書館における研究データ管理支援サービスの先行事例報告 CiNiiでみる

著者名:
佐藤 亜紀 

抄録:

出版年月日:
2020-03 , 
巻:
, 
号:
114 , 
ページ:
2057-1-2057-7 , 
ISSN:

図書館におけるガイダンス動画の制作と初年次教育科目での活用:常磐大学情報メディアセンター図書館の取り組みから CiNiiでみる

著者名:
田嶋 知宏 

抄録:
常磐大学情報メディアセンター図書館では,「情報収集検索ガイダンス」の動画を制作し,学生や教職員に提供している。その動画制作に至る背景及び,動画コンテンツの概要を踏まえつつ,初年次教育科目における動画活用の実例を示した。これらの取り組みを踏まえて,図書館制作動画の授業における活用の効果と課題を考察した。その結果,授業内容に応じた動画の選択が可能となる利点や繰り返して視聴できる動画の効果とそれを維持管理していくためのコストのバランスを考慮していく必要があることが明らかとなった。

出版年月日:
2020 , 
巻:
115 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

金沢大学附属図書館における利用教育・学修支援活動の成果と課題 CiNiiでみる

著者名:
橋 洋平 

抄録:
1980年代後半以降,金沢大学附属図書館で行ってきた利用教育・学修支援活動の変遷を5 フェーズに分けて整理した後,現在,アクティブ・ラーニング型授業支援として,図書館が行っている授業,学修相談,セミナー,イベント等の内容を「授業内/外」,「フォーマル/インフォーマル」の観点で分けて紹介する。その活動のベースには,大学全体のミッション,各種補助金の活用,ラーニング・コモンズという場,図書館職員によるワーキンググループ及び教職・学生協働による実施,LMS の活用等がある。最後にその成果と課題をまとめる。

出版年月日:
2020 , 
巻:
115 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

2019年度大学図書館シンポジウム「学生協働の到達点」報告 CiNiiでみる

著者名:
国公私立大学図書館協力委員会シンポジウム企画・運営委員会 

抄録:

出版年月日:
2020 , 
巻:
115 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

筑波大学附属図書館における「フレッシュマン・セミナー」の実施について:中央図書館の事例を中心に CiNiiでみる

著者名:
大和田 康代  西 彩花 

抄録:
筑波大学では, 学生の主体的な学習を支援するため, 例年4月から6月にかけて新入生を対象とするオリエンテーションとして「フレッシュマン・セミナー」を実施している。本稿では中央図書館の事例を中心に, 参加対象者や実施体制の変遷, 新型コロナウイルス感染症の影響による2020年度のオンライン化の詳細および今後検討すべき課題について報告する。

出版年月日:
2020 , 
巻:
115 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

エラータ CiNiiでみる

著者名:

抄録:

出版年月日:
2020 , 
巻:
115 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

編集後記 CiNiiでみる

著者名:
田村 香代子 

抄録:

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

大学図書館機能の変化に対応する新しい大学図書館員の育成に関する考察 CiNiiでみる

著者名:
竹内 比呂也  國本 千裕 

抄録:
本稿は今日の日本の大学図書館に求められる機能の変化を実現するために必要な人材という観点から新たな大学図書館員の育成について論じるものである。過去40年間の大学図書館機能の変化とその際に大学図書館員に必要とされた新しい知識やスキルを明らかにした上で,それらを現職者がどのように獲得してきたかを記述する。その上で,学習(修)支援・教育活動への直接的な関与と研究データ管理という新しい機能について,これらを実現するために大学図書館員が獲得すべき知識,スキルを育成するプログラムの内容を紹介するとともに,その実現に向けた課題を考察する。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

大学図書館職員長期研修の近況:2006年度から2019年度の動向を中心に CiNiiでみる

著者名:
田村 香代子  船山 桂子 

抄録:
2019(令和元)年度に第51回を迎えた大学図書館職員長期研修について,2006年度以降の動向を,研修目的,受講資格・受講生,講義内容の観点から整理し,中でも「演習・班別討議」の内容について詳述するとともに,今後の課題についても論じる。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

ポーランドにおける日本研究を通じた日本のデジタルアーカイブに関する調査報告 CiNiiでみる

著者名:
瀨川 結美 

抄録:
日本のデジタルアーカイブは,発見性の向上やシステムのユーザビリティ改善が長年の課題である。特に研究資料の不足により,近年海外における日本研究が退潮傾向にある中,海外ユーザーを視野に入れた対応を進め,これを食い止める必要がある。一方,近年のIIIFの登場や,Adobe社によるFlash player開発の終了告知は,多くの図書館にシステム再構築の必要性を認識させ,先述の課題解決を図る好機と捉えることができる。具体的な対応策を認識するため,筆者は日本への関心が高いポーランドのクラクフに赴き,日本研究に関する学会への参加,関連機関の訪問調査を行った。その結果,日本のデジタルアーカイブは多様な観点から有効な資料と成り得る一方で,ユーザーからはポータルの整備や英語対応が求められていることがわかった。これらに対応しながら,日本のデジタルアーカイブを国際的な交流や研究協力の橋渡しとなる存在に育てていければと考える。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

「西洋古典資料保存に関する拠点およびネットワーク形成事業」:報告と展望 CiNiiでみる

著者名:
鈴木 宏子 

抄録:
一橋大学附属図書館及び社会科学古典資料センターで実施してきた人材育成の事例として平成28~30年(2016-2018)に実施した資料保存概算事業を紹介するとともに,この事業中に経験した国際シンポジウム等における海外の事例を元に,古典資料の保存とデジタル化も含めた公開における人材育成の今後の展望を述べる。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

京都大学図書系職員の海外研修における成果と課題 CiNiiでみる

著者名:
山中 節子  浜口 敦子  赤澤 久弥 

抄録:
京都大学図書館機構では20年以上継続して学内助成を活用した海外研修事業を実施してきた。本稿では海外研修事業を概観し,研修派遣者に対して行ったアンケート結果から,研修結果が新たな知見の獲得や能力向上,人的ネットワーク形成に活かされており,実施効果が高いことを明らかにした。一方で実務への反映が少ない場合の問題点や研修期間中の支援において課題があることがわかった。さらに,研修事例として平成30年度に実施したドイツ・オランダの研究データ管理支援業務に対する調査にも触れた。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

シンガポールの高等教育機関附設図書館における学修支援活動 CiNiiでみる

著者名:
有馬 良一 

抄録:
2019年10月に現地で実施した聞き取り調査をもとにシンガポール国立大学,シンガポール・ポリテクニックおよび南洋理工大学における学修支援活動の実態について,学修空間の整備,情報リテラシー教育およびweb上のリソースを利用した学修支援を中心に報告する。各機関とも,現在は学修のためのスペースを確保することを重視しており,利用者のニーズに応じられる環境を整備している。ワークショップについては,他部局や教員と連携し,研究の流れを意識した内容のものを多く提供している。またいずれの機関もweb上のリソースを活用して情報リテラシー教材やサブジェクトガイド等を作成・公開することで,より多くの利用者に必要な情報や情報リテラシー教育を提供している。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

大学図書館による教育支援の可能性:カリフォルニア州立大学における「アフォーダブル・ラーニング・ソリューション」について CiNiiでみる

著者名:
中山 貴弘 

抄録:
米国において近年,大学で使用される教科書の価格が高騰しており,学位取得における経済的障壁として問題視されている。本稿では,その対応のためカリフォルニア州の立法化のもとカリフォルニア州立大学システムにおいて展開され,大学図書館が関与している,アフォーダブルな教科書・教材の入手支援制度について概観を行う。その上で,日本の大学図書館における修学支援への関与可能性について考察を加える。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

オーストラリアの大学図書館における研究データ管理支援サービスの先行事例報告 CiNiiでみる

著者名:
佐藤 亜紀 

抄録:
本稿は,2019年9 月に訪問したシドニー大学図書館(University of Sydney Library),ニューサウスウェールズ大学図書館(University of New South Wales Library), メルボルン大学図書館(University of Melbourne Library),モナシュ大学図書館(Monash University Library),でのインタビュー調査に基づきオーストラリアの大学図書館における研究データ管理支援サービスについて報告する。調査から,大学によって使用しているツールや重点を置いているサービスは違うが,研究データのライフサイクルに即したサービスを展開していることがわかった。

出版年月日:
2020 , 
巻:
114 , 
号:
0 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

IIIF準拠・京都大学貴重資料デジタルアーカイブの利用状況 CiNiiでみる

著者名:
西岡 千文 

抄録:
IIIFに準拠した京都大学貴重資料デジタルアーカイブは,2018年12月1日に正式公開から一周年を迎えた。本稿は,2017年10月から2018年11月までのデジタルアーカイブの利用状況を報告する。アクセス数は,概ね増加傾向が観察された。アクセスの約4割が中国・アメリカなど海外からであった。富士川文庫ならびに絵図を含む資料が頻繁に閲覧されている。2種類のIIIF対応画像ビューワは同頻度で利用されており,「目的・嗜好に応じてソフトウェアを選択できる」というIIIFの特長を反映している。

出版年月日:
2019-08-31 , 
巻:
, 
号:
112 , 
ページ:
- , 
ISSN:
0386-0507

地域の課題を共有した、短期大学図書館と公共図書館との連携事業 : 「POP・本の帯コンクール」の実践 CiNiiでみる

著者名:
平井 むつみ  Mutsumi Hirai 

抄録:

出版年月日:
2019-03-25 , 
巻:
, 
号:
38 , 
ページ:
15-21 , 
ISSN:
0388-3663

「2019年度私立短期大学図書館協議会関東甲信越地区協議会研修会及び全国私立短期大学図書館教職員研修会」報告 CiNiiでみる

著者名:
齊藤 誠一 

抄録:

出版年月日:
2019 , 
巻:
, 
号:
39 , 
ページ:
57-60 , 
ISSN:
0388-3663

パスファインダーの達人になる CiNiiでみる

著者名:
前川 和子 

抄録:

出版年月日:
2019 , 
巻:
, 
号:
39 , 
ページ:
47-56 , 
ISSN:
0388-3663