論文検索アンテナ

論文検索をすこし身近に、すこしべんりに。

情報処理学会研究報告の検索結果

もしかして: 情報処理学会研究報告  情報処理学会研究報告 査読  情報処理学会研究報告 英語  情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア  情報処理学会研究報告 参考文献  情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告  情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告  情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告  情報処理学会研究報告 information processing  情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告 

意図的に埋め込まれたバグによるプログラミング学習支援 CiNiiでみる

著者名:
岩渕 悠太  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
企業の ICT 新人研修において,プログラミング教育が行われている.その教育に 2 つの問題が発生している.プログラミング教育における知識の定着率の格差と社内講師の本来業務に割く時間の減少である.プログラミング学習支援システムはこれまでに多く開発されてきた.しかし,この問題の根本的な原因は,従来の学習方法が「受動的な学習」となっていることにあるのではないかと我々は考えた.そこで本研究では,学習教材に誤情報を混入し,これを正しく修正する学習を行わせることで,受動的な学習を回避し,能動的な学習を促す e-ラーニングシステムを提案する.本稿では,実装したシステム BugTutor について述べると共に,これまでに実施したユーザスタディに基づく提案手法の有効性の検証結果を報告する. : There are two issues with programming training for new employees in ICT companies: low retention rate of knowledge once learned and wasting the instructor's time. Various learning support systems of programming have been developed so far. However, they could not solve the above-mentioned issues because of their passive learning characteristics. Therefore, in this research, we proposed a novel e-learning system that promotes active learning by embedding some bugs in learning materials and letting the learners correct it. This paper describes "BugTutor," which we developed and shows the results of user studies.

出版年月日:
2020-03-09 , 
巻:
2020 , 
号:
12 , 
ページ:
1-6 , 
ISSN:
2188-8760

「ついスマホをいじってしまう」逸脱状況アウェアネスの共有による作業復帰支援 CiNiiでみる

著者名:
山本 航平  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
やりたくないけれどやらなければいけないタスクを遂行する場合,タスク中に無関係な逸脱行動をとってしまうことがしばしばある.本稿では逸脱行動の中でも近年特に多い「スマホいじり」に着目し,同調心理を利用してタスクへの復帰を支援する手段を提案する.具体的には,スマホいじりを行っている者が少数派であるという情報を,あたかも実際の状況であるかのようにスマホ上で提示するシステム DigresSignal を構築した.これにより,自分が逸脱行動を行っている少数派であると認識させて,作業に復帰させることができるのではないかと考えた.検証実験を行ったところ,他者のスマホの使用割合が低いことを提示することで,同調が生じ,逸脱の割合を減少させることが示され,作業への復帰を促進することができることが明らかになった. : When performing tasks that you don't want to do but have to do, you often take irrelevant deviant behavior during the task. In this study, we focus on "playing with a smartphone" which has been particularly common among deviant behaviors in recent years and proposes a means to support the return to the task by using synchronization psychology. Specifically, we built DigresSignal, a system that presents information on the minority of people playing with a smartphone as if it were an actual situation. By doing so, I hypothesized that a user of the system could recognize him/herself as a minority performing deviating behavior and return to work. An experiment was performed to verify the effectiveness of this method. As a result, it was shown that by presenting that the percentage of use of smartphones by others was low, synchronization occurred, the rate of deviation was reduced, and returning to work could be promoted.

出版年月日:
2020-03-09 , 
巻:
2020 , 
号:
28 , 
ページ:
1-5 , 
ISSN:
2188-8760

補集合的知識としてのゴミによるアイデア創出支援~プラスチックモデルの改造を対象として~ CiNiiでみる

著者名:
井鳥 利哉  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
プラスチックモデル制作において,完成度を向上させるために組立て説明書には記載されていないような改造を施す場合がある.そのための知識や技能を提供する手段として,書籍による解説や,イベント・コンテスト・SNS での制作者同士の交流などが一般的に行われてきた.しかし,そもそもどのようなプラスチックモデルを制作するかという改造案を新規に発想することを支援するための手段は無い.そこで本研究では,改造案を思いつくことができない制作者を対象に,プラスチックモデルの新規な改造案の創出を支援することを目的として,他の制作者(特に上級者)によるプラスチックモデルの制作過程で生じる不用物(主にキットに付属していたパーツ以外の素材)を提示し,これをヒントとして改造案の案出を支援する手法を提案する.架空の不用物を用いた予備実験にて,不用物のアイデア生成における有効性が示唆された.本実験においては,実際の制作において産出された不用物がアイデア生成に有効であるかを検証した結果,不用物は既存のメディアと併行して使われ,被験者独自の改造案を創出することを支援していることが示唆された. : In the making of plastic models, modifications that are not described in the assembly manual are applied to remodel completed version. Guidebooks, communication events for producers, contests, and SNS are common means to gain knowledge and skills for that purpose. However, there are no means to support the idea generation of a new remodeling plan of what kind of plastic model to create in the first place. Therefore, this research, aimed at assisting the creator who cannot come up with the original new remodeling plan of the plastic model. This paper proposes a method of presenting the waste (materials which are not built in output) generated by other creators (especially advanced users) as a hint to support the creation of a remodeling plan. Preliminary experiments by using fictitious waste suggested that the idea generation was effectively supported. In the experiment in actual context to verifying whether or not the unused materials are effective for generating ideas, it was suggested that the unused materials were utilized in parallel with the existing media to create a unique remodeling plan.

出版年月日:
2020-03-09 , 
巻:
2020 , 
号:
11 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:
2188-8760

比喩生成における喩辞先発想の効果とその発想支援への応用可能性 CiNiiでみる

著者名:
植野 涼  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
「Y(喩辞)のようなX(主題)」という比喩を生成する際,主題が先に与えられて発想するのが一般的である.それを本研究では「主題先発想」と名付ける.一方,喩辞が先に与えられて発想するものを「喩辞先発想」と名付け,それらの発想方法の違いが生成される比喩にどのような影響を及ぼすのか検証を行った.その結果,「喩辞先発想」では「主題先発想」と比べ比喩の生成がしやすい可能性が示唆された.その一方で,「喩辞先発想」は理解容易性の高い比喩を生成する傾向にあり,意外性のある比喩の生成に関しては「主題先発想」の方が適している可能性が示唆された.「主題先発想」の生成の難しさが意外性のある面白い比喩の生成を助けたと考えられる. : When generating a metaphor "X (topic) like a Y (vehicle)", it is a usual way to create it under the condition where the topic is given first. In this study, we call this way "topic given creation". On the other hand, the method in which a vehicle is given first is named "vehicle given creation". We examined how the differences in these methods affect the generated metaphors. As a result, it was suggested that people can generate metaphors by "vehicle given creation" more easily than by "topic given creation". Furthermore, it was also suggested that "vehicle given creation" tended to generate more understandable metaphors than "topic given creation," and that "topic given creation" is more suitable for generating unexpected metaphors. It can be assumed that the difficulty of "topic given creation" positively affects generation of the unexpected and interesting metaphors.

出版年月日:
2020-03-09 , 
巻:
2020 , 
号:
7 , 
ページ:
1-5 , 
ISSN:
2188-8744

バトン型コミュニケーションによるボトムアップな人的交流誘発の試み CiNiiでみる

著者名:
板橋 拓也  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
本研究ではコワーキング・スペースやファブラボのような,利用者がそれぞれの個人作業を遂行しつつ,同時にその利用者同士がコミュニケーションして,ボトムアップに共創作業を開始する事が期待されている場を想定し,初対面者間のコミュニケーションを促進するための支援メディアを提案する.具体的には,お題のバトンをリレーのように次々と回していくようなバトン型コミュニケーションを行うためのチャットシステムを開発した.バトン形式にすることで,お題を渡した時の名指しの効果により回答の強制力がうまれ,場の運営者からのトップダウンの介入なしで,利用者間のコミュニケーションが促進されることが期待できる.基礎的な実験を行ったところ,バトン型コミュニケーションでは発言の強制力が働き,またユーザ間の発言が比較的均等に回ったことが確認できた. : This study proposes communication support media for users in sharing workspace such as coworking space and Fab Lab. These users are expected not only to pursue individual works but also to perform mutual communication and to start co-creative work in bottom up manner. Concretely, we developed chat system for baton-type communication which users are supposed to pass the topic baton around in relay style. By using the baton format, users would be forced to post answer message and be prompted to take communication without space manager's top-down intervention. Preliminary experiment results shows that communication was enforced and equality of posts was relatively maintained in baton-style communication.

出版年月日:
2020-03-09 , 
巻:
2020 , 
号:
3 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:
2188-8744

飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討 CiNiiでみる

著者名:
下村 賢人  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
既存の観念にとらわれない発想を行う目的で,飲酒の機会を活用しようとする事例が見られる.これまでにも飲酒に関する○○についての研究は行われているが,飲酒時に創出されるアイデアの活用に関してはほとんど検討されてこなかった.本研究では,飲酒者が創出したアイデアを非飲酒者が参照することによって,より良いアイデアを創出できるという仮説を立て,その検証を実施した.実験の結果,非飲酒者のアイデアを参照したときと比較して,飲酒者のアイデアを参照した場合,より多くのアイデアを創出し,実現可能性はやや低いものの独自性が有意に高いアイデアを創出できるようになることを確認した. : There have been some attempts where opportunities of drinking alcoholic beverages are utilized to create novel ideas. However, measures to utilize and to brush up ideas created while drinking alcoholic beverages have not been sufficiently investigated. We hypothesized that it becomes able to create better ideas by referring to ideas created by people who have drunk some alcoholic beverages (i.e., drinkers). Based on this idea, we propose a novel divergent thinking method named "Designated-driver method," in which non-drinkers create ideas referring to drinkers' ideas. We conducted experiments to evaluate usefulness of this method. As a result, comparing to cases where ideas created by non-drinkers are referred to, it was confirmed that it became able to create more ideas by referring to ideas created by drinkers, and that originality of the created ideas became significantly higher, although their feasibility is slightly lower.

出版年月日:
2020-03-09 , 
巻:
2020 , 
号:
9 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:
2188-8744

Speech-linguistic Multimodal Representation for Depression Severity Assessment CiNiiでみる

著者名:
R Makiuchi Mariana  Rodrigues Makiuchi Mariana  Warnita Tifani  Warnita Tifani  宇都 有昭  Uto Kuniaki  篠田 浩一  Shinoda Koichi 

抄録:
Depression is a common, but serious mental disorder that affects people all over the world. Therefore, an automatic depression assessment system is demanded to make the diagnosis of this disorder more popular. We propose a multimodal fusion of speech and linguistic representations for depression detection. We train our model to infer the Patient Health Questionnaire (PHQ) score of subjects from the E-DAIC corpus. For the speech modality, we apply VGG-16 extracted features to a Gated Convolutional Neural Network (GCNN) and a LSTM layer. For the linguistic representation, we extract BERT features from transcriptions and input them to a CNN and a LSTM layer. We evaluated the feature fusion model with the Concordance Correlation Coefficient (CCC), achieving a score of 0.696 on the development set and 0.403 on the testing set. The inclusion of visual features is also discussed. The results of this work were submitted to the Audio/Visual Emotion Challenge and Workshop (AVEC 2019).

出版年月日:
2019-12 , 
巻:
2019 , 
号:
8 , 
ページ:
1-4 , 
ISSN:
2188-8663

反転授業動画におけるカオアリとカオナシの比較 CiNiiでみる

著者名:
天野 由貴  隅谷 孝洋  長登 康  稲垣 知宏 

抄録:
広島大学では,学部新入生必修科目「大学教育入門」を開講している.その全15回のうち1回の「アカデミック・プレゼンテーション」の章で,反転授業をおこなっている.本研究では,事前学習動画で人物が映っていて説明しているものと,スライド映像に音声をつけているだけのもの2種類を用意し,新入生を約半分に分けて提供した.その視聴行動や小テストの得点にどういう影響を与えたかを比較した.

出版年月日:
2019-11-08 , 
巻:
2019 , 
号:
19 , 
ページ:
1-6 , 
ISSN:
2188-8930

複数ホストにまたがって動作するVMのチェックポイント・リストア CiNiiでみる

著者名:
村田 時人  光来 健一 

抄録:
近年,IaaS型クラウドでは大容量メモリを持つ仮想マシン(VM)が提供されるようになっている.このようなVMのマイグレーションを容易にするために,複数のホストにメモリを分割して転送する分割マイグレーションが提案されている.しかし,マイグレーション後の分割メモリVMは複数のホストにまたがって動作するため,ホストやネットワークの障害の影響を受ける可能性が高くなる.障害対策としてチェックポイント・リストアが用いられているが,従来のチェックポイント手法を分割メモリVMに適用すると,ホスト間で大量のメモリデータのやりとりが発生するためオーバヘッドが大きい.また,従来のリストア手法では複数ホストに分割された状態でVMを復元することができない.本稿では,複数ホストにまたがって動作する分割メモリVMの柔軟で効率のよいチェックポイント・リストアを可能とするシステムD-CRESを提案する.D-CRESのチェックポイントは各ホストで並列に分割メモリVMのメモリを保存することで,ホスト間でのメモリデータのやり取りを発生させず,高速なチェックポイントを実現する.D-CRESのリストアは各ホストで取得したチェックポイントから複数のホストそれぞれで並列に復元を行うことにより,分割メモリVMとしての復元を可能にする.D-CRESをKVMに実装し,従来手法と性能を比較する実験を行った.第147回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究発表会(SWoPP2019), 2019年7月24日~26日, 北見市, 北海道

出版年月日:
2019-07-17 , 
巻:
2019 , 
号:
13 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

店舗用BGMに最適な新規リラクゼーション音源の探索 : 猫のゴロゴロ音についての初期検討 CiNiiでみる

著者名:
荒井 翔子  大橋 学  伊藤 有紀  Uehara Juan Martin  増田 知之  Shoko Arai  Manabu Ohashi  Yuki Ito  Martin Juan Uehara  Tomoyuki MASUDA 

抄録:
店舗の環境を創り上げる要素の 1 つに,バックグランドミュージック (BGM) が挙げられる.買い物客の購買意欲を高めるためには,既存の BGM に頼るだけではなく,その店舗にフィットした新しい音環境や音源の開拓が必要である.現在,日本は空前の猫ブームに沸いており,猫の発するゴロゴロ音が人に癒しをもたらすと考えられている.しかしながら,これを実証する科学的根拠はほとんど存在しない.そこで本研究では,猫のゴロゴロ音が人の生理的状態にどのような影響を及ぼすか検討した.ストレス負荷課題をこなした実験参加者に猫のゴロゴロ音を聴かせたところ,ゴロゴロ音を聴いた群の心拍数は,猫への嗜好性を問わず,安静時の基準値よりも有意に低下することが明らかとなった.この結果は,猫のゴロゴロ音にリラックス効果があることを示唆しており,猫のゴロゴロ音が店舗での新規音源となるポテンシャルを秘めていることが明らかとなった.

出版年月日:
2019-06-03 , 
巻:
2019 , 
号:
9 , 
ページ:
1-4 , 
ISSN:
2188-8914

複数ホストにまたがるVMのメモリ使用状況に着目した高速化 CiNiiでみる

著者名:
田内 聡一朗  光来 健一 

抄録:
近年,クラウドサービスの一つとして,ユーザに仮想マシン(VM)を提供するIaaS型クラウドが普及している.それに伴い,大容量のメモリを持つVMが提供されるようになってきている.このようなVMのマイグレーションを容易にするために,VMのメモリを複数の小さなホストに分割して転送する分割マイグレーションが提案されている.分割マイグレーション後にはリモートページングを行ってVMが必要とするメモリをホスト間で転送する.しかし,従来のリモートページングでは必要とされたメモリの中に使用中のデータがなかったとしても転送を行う必要があった.本稿では,未使用メモリに関連するオーバヘッドを削減することで複数ホストにまたがるVMの高速化を実現するシステムFCtransを提案する.FCtransはVMの起動時から未使用メモリを追跡し,分割マイグレーション後も追跡を続ける.この情報を用いて,マイグレーション時には移送先ホストに未使用メモリを転送しないようにする.そして,分割マイグレーション後には未使用メモリに対してリモートページングを行わないようにし,未使用メモリにアクセスしたVMの実行を即座に再開する.OSが解放したメモリページも未使用メモリとして扱えるように,VMの外からOSのページ管理情報を取得する.FCtransをKVMに実装し,従来手法と性能を比較する実験を行った.第146回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究発表会, 2019年5月30日~31日, 那覇市, 沖縄

出版年月日:
2019-05-23 , 
巻:
2019 , 
号:
8 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

教員の気づきにもとづく探索的分析を可能とする学習分析システムの開発と評価 CiNiiでみる

著者名:
児玉 雅明  今野 裕太  趙 秀敏  大河 雄一  三石 大 

抄録:

出版年月日:
2019-03-13 , 
巻:
2019 , 
号:
9 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

ペンタブレットを用いた集団学習環境での筆記遅れ学習者リアルタイム検知システムの試作 CiNiiでみる

著者名:
岩恵 裕夢  永井 孝幸 

抄録:
個別指導方式は教師にとって生徒に合わせた細かな指導を可能にするといった利点があるが、学校教育の現場において一人の教師が多くの生徒に対して個別指導形式で対応するのは負担が大きく、一斉指導形式が一般的である。一方で、教育現場においてペンタブレット端末の導入が進んでおり、生徒の学習状況をリアルタイムに把握することが可能になりつつある。本研究ではペンタブレット画面への書き込み操作からリアルタイムに授業中の生徒の学習状況を検出し、個別指導の対象となる生徒を教師に通知するシステムの開発を行っている。本報告では筆記タイミングの遅れを用いた「筆記遅れ学習者」のリアルタイム検知システム試作結果について述べる。試作システムは手書きインクデータのオープン規格(Wacom Ink Layer Language)を用いたウェブアプリケーションとして実装されており、Windows SurfaceやiPad等複数のデバイス上で動作する。出典:情報処理学会研究報告 Vol.2019-CLE-27 No.11 (情報処理学会著作権規程 第5条に基づく転載)利用上の注意: ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

出版年月日:
2019-03-13 , 
巻:
2019 , 
号:
11 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:
2188-8620

動的に変化するぼかしモチーフ画像を用いたデッサン学習支援システムの提案 CiNiiでみる

著者名:
土屋 龍一  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
いわゆる 「お絵かき」 と呼ばれる創造活動は,その導入容易性や社会的価値にも関わらず,苦手意識を持つ人が少なくない.そのため,今日まで描画技術の習得を支援する様々なシステムが研究開発されてきた.しかし,初心者が陥りやすい 「全体を見ながら描けていない」 「ものを見たままに描けない」 という問題は依然として解決されていない.この問題の一因として,描画対象のすべてが鮮明に見えてしまっていることがあるのではないかと我々は考えた.すなわち,最初から細部まですべて見えることにより,バランスをとる上で重要な 「全体の形を大まかにとる」 ことよりも,詳細の箇所に注目 ・ 描画してしまい,結果として全体のバランスが崩れた絵になってしまうのではないかという仮説である.そこで本稿では,初心者のこの問題に対して,ぼかしをかけたモチーフ画像を利用する.モチーフの詳細をあえて分からなくすることにより,細部に過度に集中せず,モチーフ全体を見るよう初心者の視線を誘導するシステムを構築した.検証実験を行ったところ,システムの利用方法と効果には大きく個人差が見られたが,ぼかしによりモチーフの周辺領域にも視線を誘導できる可能性があること,詳細の描画を全体の描画の後に描くよう手順を誘導できる可能性があることが示唆された. : Drawing is one of the popular creative activities for its ease of introduction and social value, nevertheless many people think that drawing is difficult. To support them, various systems for supporting learning of drawing techniques have been researched and developed. However, two problems that beginners often fall into have not been solved yet: "cannot looking at the entire whole of a motif object" and "cannot draw the object as they see it". We hypothesized that these problems result from the fact that the whole of the motif object is clearly visible. By looking at every detail of the object from the beginning phase of drawing, they tend to draw the details rather than roughly taking the whole shape, which is important in balancing. As a result, the whole balance of the sketch collapsed. In this paper, we propose to use a blurred motif image to deal with these problems of the beginners. We built a system to lead the beginners' gaze to the whole of the motif image to prevent them from concentrating excessively on the details by making the details invisible. As a result of verification experiments, although there were individual differences in the ways of use and effects of the system, it was suggested that there is a possibility that the gaze could be guided to the peripheral region of the motif, so that the drawing procedure could be induced to draw the whole followed by drawing the details.

出版年月日:
2019-03-11 , 
巻:
2019 , 
号:
17 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:
2188-8760

SNSの心理的圧力を利用したモチベーション喚起支援システム CiNiiでみる

著者名:
張 海峰  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
日常生活の中では,何度も 「あることをしたい」 と言いつつ,長い時間が経っても行動に移さないという先延ばし行為がよく行われる.これを防ぐために,願望の実行を開始するためのモチベーションを喚起することが重要である.先行研究では,すでに遂行中のタスクのモチベーションを維持させる試みが多く行われてきたが,行動する 「前」 のモチベーションの喚起を試みた事例は少ない.そこで本研究では,行動開始のモチベーションを高めることを目的として,SNS 上で表明された願望に対し,ユーザとそのフォロワーに対して,願望に関連する情報を継続的に提供することで実行開始を促す言霊テロシステムを提案し,その有効性をユーザスタディによって検証する. : In our daily life, many people often procrastinate various things although they frequently say "I want to do that." Such procrastinations cause a decline in the quality of life. In order to prevent the procrastinations, it is important to motivate them to start practice of their desires. In the preceding studies, there have been many attempts to maintain the motivation of tasks that are already underway. However, few cases tried to evoke motivation before starting acts. In this study, we propose a support system that motivates people to start action. This system watches tweets in Twitter to find manifests of desires. If a tweet including a manifest of a desire is found, this system starts to send related pieces of information to the desire to its sender and his / her followers until he / she achieves the desire. We conducted user studies and confirmed this system is effective to let the procrastinators to start actions on their desires.

出版年月日:
2019-03-11 , 
巻:
2019 , 
号:
6 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:
2188-8744

自己観察と認知的作業のパフォーマンスの関連性 CiNiiでみる

著者名:
王 晨  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
身体的動作を伴う作業のパフォーマンスの向上において,自分の物理的,精神的な状態をモニタリングする自己観察が有効であるといわれている.しかし,認知的な作業に対してこれが有効であるかどうかは,これまで十分に検証されてない.そこで,本研究では,自己観察を行いながら被験者に 2 つのストループ課題を行ってもらう実験を行い,自己観察が認知的作業のパフォーマンスにどのような影響を与えるかを検証した.その結果,正答率の改善については確認できなかったが,反応速度と行動パターンの点で正の影響を与えることが示された.さらに高度の認知課題に対して自己観察の効果が発揮できる可能性が示唆された. : There have been many previous studies that had found that self-observation is helpful for some motor performances. However, it is still unrevealed whether self-observation can have the same effects in cognitive tasks. This paper explores relationships between the self-observation and the performance of cognitive tasks through two different acoustical stroop test. As a result, it was found that the testers in a self-observation group made much better performances on response speed than the testers in a control group. This result implies that the self-observation might be able to improve more complex cognitive tasks rather than the simple stroop test.

出版年月日:
2019-03-11 , 
巻:
2019 , 
号:
11 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:
2188-8760

潜在的技能保有者を顕在化するための娯楽的Know-who支援手法 CiNiiでみる

著者名:
小森 麻友香  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
「過去に誰がどんな専門的知識や技能を有していたのか」.この情報は,本人が自己開示をしない限り他者は知ることができない.つまり,たとえどんなに優れた技能を過去に身に着けていたとしても,経験者自身がそれを開示しない限り有効活用されることなく埋もれていく.過去に経験した技能の鍛錬を再開し,現役時の腕前を取り戻して再度活用できるようになれば,その道の専門家に返り咲くことができる.したがって,初心者を一から育成するよりも短時間で専門家を輩出することが可能となる.本研究では,このような 「かつての専門家」 の顕在化を図るため,既知情報に関する誤りを見るとつい指摘したくなる衝動を利用した Know-who 支援システム Quondam Experts Finder を提案 ・ 実装し,その有効性を検証する. : "Who had what kind of superior skills in the past?" Others cannot know it unless the skill-holders self-disclose it. No matter how superior skills someone had in the past, they remain buried without being effectively utilized unless the experienced people themselves disclose it. If such latent-skill-holders resume training of the latent skills, and if they can regain their skills, they can become experts soon; it takes a shorter time than nurturing a beginner from scratch. In this research, in order to find such "quondam experts", we proposed a novel know-who support system named "Quondam Experts Finder." This system exploits impulses that people want to point out when they see errors and/or incorrect knowledge related to what they know well. In this paper, we describe this system and show results of user studies to estimate its effectiveness.

出版年月日:
2019-03-11 , 
巻:
2019 , 
号:
9 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:
2188-8760

アイデア生産量の低下を軽減するテーマ変換発散思考技法 CiNiiでみる

著者名:
小野寺 貴俊  高島 健太郎  西本 一志 

抄録:
本稿では,発想技法の一種である発散技法において,既存技法ではほとんど注目されず,今まで誰も解決すべき問題として採り上げてこなかった,時間経過に伴うアイデア生産量の低下現象に着目し,この現象を引き起こさず,しかも既存技法よりもアイデアの生産量が多くなると期待される新規な発散技法である "TKTS 法" を提案する.TKTS 法は,アイデア生成の対象となる主テーマを,関連するいくつかの関連テーマに分割し,これら関連テーマを短時間で切り替えながらアイデア生成を行う手法である.本稿ではまず,提案技法の詳細と,現段階で有効と考えられる関連テーマの分割手法について説明する.さらに,TKTS 法を既存技法と比較したユーザスタディについて述べる.結果として,TKTS 法により,アイデア生産量の低下現象を回避できることが示された.TKTS 法は,他の発想技法と併用できる点が大きな強みである.TKTS 法が実用化されれば,企画会議などの実用現場で長時間の発想を行う際に,既存の発想技法よりも多くのアイデアを生み出せるようになることが期待される. : In this paper, we propose "TKTS method," which is a novel divergent thinking method. We focus on a phenomenon of a gradual decrease in the productivity of ideation; this problem has not ever attracted any attention in existing idea generation methods. In this paper, we will explain details of the proposed method and describe a transforming method of the main theme into several derived themes. We conducted user studies to compare TKTS method with existing idea generation method. As a result, we confirmed that TKTS method could avoid the decrease in the productivity of idea creation. TKTS method should be effective and useful when, for example, making a complicated long-term plan of an enterprise that requires very long time to create ideas.

出版年月日:
2019-03-11 , 
巻:
2019 , 
号:
8 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:
2188-8744

連鎖構成力向上のための多様で面白いなぞぷよ提供法の提案 CiNiiでみる

著者名:
牧田 光平  池田 心 

抄録:
ぷよぷよは対戦型落ち物パズルゲームの一つであり,「連鎖」を効率よく構成することが重要な課題であるとともに楽しみにもなっている.初心者初級者が連鎖構成力を鍛える際,実戦だけではあまり効率が良くないため,"2手で3連鎖せよ"といった「なぞぷよ」問題が用いられることがある.高橋らの先行研究ではなぞぷよを自動生成しその面白さや難しさを教師あり学習で推定する試みが行われているが,本研究ではこれをさらに進め,2~4色,多数ぷよ~少数ぷよ,簡単~難しいなど多様なものを提供する方法を提案する.さらには,何を面白いと思うかはプレイヤごと,またはプレイヤの強さごとに異なることなどを踏まえ,個人や強さグループごとの教師あり学習を行って違いを見るなど,よりきめ細かいなぞぷよ提供システムの構築を試みる.

出版年月日:
2019-03-01 , 
巻:
2019 , 
号:
21 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:
2188-8736