論文検索アンテナ

論文検索をすこし身近に、すこしべんりに。

研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)の検索結果

バーストアクセスを考慮した画像信号処理LSI向けメモリバンド幅圧縮技術 CiNiiでみる

著者名:
小味 弘典  野中 智之  荻野 昌宏 

抄録:
画像信号処理 LSI においては,取り扱う画像の高解像度化,高フレームレート化に伴い,外部メモリデバイスへのアクセスバンド幅の増加が高コスト化,消費電力増加の大きな課題となっている.本論文では,画像処理 LSI がメモリデバイスにアクセスする際のメモリバンド幅を圧縮する技術を提案する.提案手法により,内部メモリバスにおいてバーストアクセスを行う際,圧縮後のデータレートを厳密に定義することが可能となり,メモリアクセスが飽和するような状態でもリアルタイム画像処理を保証することが可能となる.本技術を動画像信号処理 LSI 内に実装し、低コストで構成でき、高画質処理が実現できることを確認した.In image signal processing LSIs, the data bandwidth to the external memory is one of the big issues, because it increases the system costs and consuming power. In this paper, a new bandwidth reduction method is proposed, which works familiarly with the burst-mode accesses to the SDRAM and reduces the data bandwidth under the strict constraints. The proposed technology ensures the real-time image processing even in the case of the bandwidth saturation on the memory busses. We have implemented the proposed bandwidth compression technology in a signal processing LSI for moving pictures and confirmed that it required very small circuits and maintained high quality pictures.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
41 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:

低消費電力化のための実行タスクの動的なプロセッサリソース割り当て機構 CiNiiでみる

著者名:
榊原 宏章  白石 善明  岩田 彰 

抄録:
専門家による遠隔診断等の動画像通信などのように,汎用携帯端末を長時間利用できるように低消費電力化の需要が高まっている.汎用携帯端末には多種のプロセッサが搭載されてきており,消費電力当りの処理能力向上にはヘテロジニアスコンピューティング技術の利用が考えられる.しかし,ハイパフォーマンスコンピューティング分野で行われている負荷分散や自動調節等の研究成果は互換性の点から汎用端末にそのまま適用できない.本稿では,汎用携帯端末においてプロセッサ抽象化 API 利用アプリケーションが汎用的に動作可能な方式を提案する.提案方式を Linux OS 上で OpenCL を用いて実装した.提案方式は汎用的に利用可能であることと動画像通信を例にして省電力効果があることを確認した.There is a growing demand for a long time use by low power consumption to be able to use general-purpose mobile devices. Since the various processors have been mounted on a general-purpose mobile device, using heterogeneous computing technology to improve processing ability per power consumption can be applied. Although the research results about load balancing or automatic adjustment have been shown in the field of high performance computing, they are not directly applicable to general-purpose device in terms of compatibility. This paper proposes a method that an application can use API abstract processor in general-purpose mobile devices. The implementation of the proposed method using OpenCL on Linux OS is shown. We confirm that the proposed method is generically available and it gives an energy saving effect in an example of video communication.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
38 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

フラッシュメモリ搭載スマートフォンにおけるI/Oスケジューリング CiNiiでみる

著者名:
中村 優太  服部 拓也  永田 恭輔  野村 駿  山口 実靖 

抄録:
スマートフォン,タブレット型 PC が急速に普及し,その基盤ソフトウェアである Android の重要性が高まっている. Android は Linux を元に開発されたソフトウェアプラットフォームであり,データベースなどのサーバコンピュータ向けソフトウェアも搭載されている. Android 端末ではこれらを用いて高度なデータ処理を行うことも可能であり,その場合は多数の I/O 要求を高速に処理する能力が重要となる.本研究では,フラッシュメモリ搭載の Android 端末の I/O のスケジューリングに着目し,フラッシュメモリ搭載端末における基本 I/O 性能の評価, I/O スケジューリングの影響の評価, I/O スケジューラの性能の評価を行った.基本 I/O 性能の評価では,シーケンシャルリード性能とランダムリード性能の比較を行い,フラッシュメモリ搭載の端末であっても両性能に大きな差があることを確認した. I/O スケジューリングの影響の評価では, I/O 要求群をアドレスでソートした順に処理した場合と,ソートせずに処理した場合の性能を比較し,フラッシュメモリ搭載端末でもソートを行った方が性能が高く, I/O スケジューリングに効果があることを確認した.最後に, I/O スケジューラの性能比較を行い,初期設定で選択されている CFQ スケジューラより, Deadline スケジューラの方が性能が高いことを確認し,その理由について考察を行った.As smartphones and tablet PCs gets popular, Android is increasing its importance. Android is an OS which is derived from Linux OS. Thus, Android has highly functional data processing software, such as RDBMS. For complex data processing, Android is required to provide high I/O processing performance. In this paper, we focus on I/O scheduling on Android devices with flash memory and evaluate basic I/O performance, effect of I/O scheduling on performance, and performance of I/O scheduler. First, we evaluated sequential read performance and random read performance of Android devices. From the results, we found that sequential read performance and random read performance significantly differ even though these devices had flash memory. Second, we compared times to process I/O requests which are sorted by access address and request which are not sorted. The results showed that time to process sorted requests are shorter than that of non-sorted request. It indicated that I/O scheduling had effect on I/O performance in flash memory devices as well as terminals with HDD. Third, we compared performance of I/O schedulers in Android OS and we found that deadline scheduler provided better performance than CFQ scheduler, which is standard I/O scheduler of Android OS.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
37 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

文化差理解支援における可視化効果の検証 CiNiiでみる

著者名:
吉野 孝  宮部 真衣 

抄録:
多言語間コミュニケーションにおいて,同一の単語を用いて会話をしている場合でも,相手の文化について十分に理解していないために,誤解が生じる可能性がある.我々は,文化差の検出手法を提案し,文化差可視化システムの開発を行っている.文化差可視化の目的は,文化差理解支援である.文化差の可視化の方法としては,お互いの言語における語句の説明を,文字 (説明文) を用いて行う方法や画像を用いて行う方法が考えられる.本稿では,文化差理解支援における説明文および画像による文化差可視化の効果の検証を行った.There is a possibility that the misunderstanding is caused in multilingual communications, because people cannot understand enough other culture even when talking by using the same word. We propose cultural difference detection methods and develop a cultural differences visualization service. The purpose of cultural differences visualization is to support cultural differences understanding. There are two methods to visualize cultural differences using words and phrases and using images for each word in each language. In this paper, we verified the effect of visualization of cultural difference understanding supports between using words and phrases and using image.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
36 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

携帯型多言語間医療対話支援システムの構築と医療機関への導入 CiNiiでみる

著者名:
尾崎 俊  吉野 孝  重野 亜久里 

抄録:
現在,日本の医療現場では,医療従事者と外国人患者との対話に大きな課題がある.特に入院患者については 24 時間体制で通訳を行う必要があるが,その対応は困難である.我々はこれまでに,入院場面における医療従事者と外国人患者との対話を支援する 「ぷち通」 の開発を行ってきた.入院場面を想定した試用実験では,おおむね好評であったが,病院の導入には至っていない.そこで本稿では,大規模病院で試験導入を行ない, 「ぷち通」 の問題点を抽出した.本研究の貢献は次の 3 点にまとめられる. (1) 医療機関へ携帯型多言語間医療対話支援システムの導入を行った. (2) 医療対話では 「医療場面に応じた定型文のセット」 が多用される. (3) 正確性と迅速性が求められる医療現場では,システム利用者は未知の機能を試さない.In the medical field, there exists a serious problem with regard to communications between hospital staffs and foreign patients. For example, medical translators cannot provide support in cases in which round-the-clock support is required during hospitalization. We have developed a multilingual communication support system called "Petit Translation" between people speaking different languages during hospitalization. From the results of introduction of "Petit Translation" to a hospital, we found the following results. (1)We have introduced the multilingual communication support system for a handheld device to the hospital. (2)They often used phrases sets appropriating to medical scene in the medical communication. (3)In the medical field, they need accuracy and speed. Therefore, they only use functions they already know.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
35 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

ライフログシステムにおける漫画表現を用いたデータ提示手法の提案 CiNiiでみる

著者名:
長田 伊織  吉野 孝 

抄録:
近年,情報技術の発展に伴い,ライフログに関する研究が活発に行なわれている,しかし,ライフログデータを用いて他人とコミュニケーションを行なうことに着目した研究は少ない.そこで我々は,ライフログデータをもとに自動的にブログ記事を生成するシステム "BlogWear" を開発した.これまでの実験の結果,大量のライフログデータから作られる記事は閲覧者にとって変化が少なく,比較的早い段階でブログ記事として,飽きられてしまう傾向が見られた.そこで本研究では,ライフログデータに対して漫画表現を用いることで,よりエンターテイメント性のあるコンテンツを閲覧者に提供することを目指した.本研究の貢献は,次の 3 点にまとめられる. (1) 漫画表現を用いてライフログデータを提示することは,閲覧者に面白さを提供することを示した. (2) ライフログデータの提示手法によって,発生するコミュニケーションに違いが見られる可能性があることを示した. (3) ライフログデータを用いた漫画表現は,ライフログデータの閲覧を促す可能性があることを示した.In recent years, researches about lifelogging are increasing because of developing information technology. However, few researches deals with communication with others using lifelogging technology. Therefore, we have developed BlogWear system which generates weblog entries automatically using lifelogging data. The results of our previous experiment showed that huge entries from lifelogging data have few changes and the viewers get tired of them in the early stage. Therefore, this study proposes a method that generates a comic from lifelogging data. The contributions of this study are (1) Showing lifelogging data using a comic expression can make the viewers fun. (2) Communication resulting from lifelogging data can take on different forms depending on the providing method. (3) A comic generated from lifelogging data can motivate viewers to view lifelogging data.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
34 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

競争相手に見せかけたエージェントによるモチベーション維持支援 CiNiiでみる

著者名:
狩野 翔  福島 拓  吉野 孝 

抄録:
我々は,用例対訳共有コミュニティにおいて,用例評価のモチベーション維持支援を行っている.これまでに,楽しさや達成感などの要素を用いた,支援システムを開発し,支援を行ってきた.しかし,継続的な評価作業を十分に支援できていない.そこで本稿では,評価を行うユーザに対して競争相手に見せかけたエージェントを提示し,そのモチベーション維持効果を検証した.本稿で提案するエージェントは,最近システムを利用し始めたユーザとして提示され,ユーザとエージェントは作業量の競争を行う.また,同じ初心者ユーザという親近感を用いて,ユーザの継続的な活動参加を支援する. 3 日間の予備実験の結果,エージェントユーザの評価数をユーザに提示することで,ユーザはその評価数を超えて活動する傾向があることが分かった.We have supported people who join a parallel-text sharing community to motivate examplesentences evaluators. Hence, we have developed the support system that employs factors like "fun" and "accomplishment." However, the system do not enough motivate users who evaluate sentences. Therefore, we proposed an agent user that act a contender for a user and verified the effect of supporting sustainable motivation. The agent user is introduced as the first user on this system, and contests with a user on quantity of evaluating work. Moreover, the agent user motivates the user who evaluate sentences using a sense of "affinity" because the agent user performs the first user on the system. We conducted the experiment for 3 days and we revealed that the users tend to evaluate sentences over the agent user's works when the user saw the agent user's quantity of work.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
33 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

クラウドソーシングを用いた画像提示型多言語用例対訳作成手法の提案 CiNiiでみる

著者名:
福島 拓  吉野 孝 

抄録:
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われていない.正確な多言語支援が求められる場では,多言語用例対訳が多く用いられている.用例対訳の作成には多言語の知識が必要となるが,多言語話者の人数は少なく,大きな負担がかかっている.そこで本稿では,単言語話者のみで多言語用例対訳候補の作成を行う,多言語用例対訳作成手法の提案を行う.本提案では,画像を提示することで正確な多言語対の作成を目指す.また,クラウドソーシング上の労働者に作業委託を行うことで,安価に用例対訳の作成を目指す.本稿の貢献は,画像を用いることで,単言語話者のみで機械翻訳よりも高精度の多言語用例対訳候補の作成が可能であることを示した点である.Recently, worldwide globalization has helped to increase communication among people with different native languages. However, it is not enough that multilingual accurate information sharing. In general, multilingual support systems for applications that require high accuracy use multilingual parallel texts. Multilingual parallel-text creators require the multilingual knowledge. However, the number of multilingual speakers is few. Multilingual parallel-text creators are imposed a big burden. Therefore, we have proposed multilingual parallel-text creation method that creates by only monolingual speakers. Our method creates accurate multilingual texts pair using images. Moreover, our method commissions workers in the crowdsourcing to create at a low price. The contribution of this paper is the following. Our method can create more accuracy parallel-text candidates than the existing machine translation.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
32 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:

マルチスクリーン連携利用に基づくユーザの興味推定 CiNiiでみる

著者名:
槙優一  茂木学  高嶋洋一  小林透 

抄録:
本研究では,ユーザの様々なメディア接触により生まれた興味を把握し,ユーザのコンテキストに応じてユーザが欲しいと思う情報を提示し,実行動へと導くことを目指す.そこで,テレビ番組の内容についてスマートデバイスで関連するwebページを閲覧する "マルチスクリーン連携視聴" に着目し,関連 web ページに対するユーザの反応に基づいてユーザの興味プロファイルを作成する手法を検討する.本稿では,各関連 web ページに対するユーザの反応 ("閲覧しない", "閲覧した", "ブックマークした") を利用し,ファジィ理論に基づいてユーザの関心がある特徴語を推定する手法について述べる.被験者実験の結果,事前のアンケートでマルチスクリーン連携視聴によって関心をもったと答えた特徴語を本手法により推定できることを確認した.一方で,ユーザ毎に各 web ページへの反応が異なるため,ユーザ毎にメンバシップ関数を最適化する必要があることなど,いくつかの課題が明らかとなった.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
31 , 
ページ:
1-7 , 
ISSN:

データマイニング手法によるセンサーデータからの行動推定 CiNiiでみる

著者名:
藤澤 将貴  杉村 博  高見澤 聖子  松本 一教 

抄録:
本研究の目的は,人間の簡単な行動の推定手法を開発することである.本手法では,スマートフォンに内蔵された加速度センサーだけの情報を使っていくつかの基本行動に関してかなりの精度で推定可能であることが明らかになった.我々の最終的な目的は,現在および予想される将来の推定行動から,例えば,集中してテレビを見ていないという推測が可能となり,テレビが電源を切る提案をするというシステムを開発する.The aim of this study is a development of a recognition tool of human naive activities. The applicability of this method is wide in that it only uses sensing data with accelerometer equipped in a standard smartphone. With a use of this tool our final purpose is recognition of a consumer's complex activities, which can help us to estimate future activities of him. By using such estimation, electronics devices in a home can be operated automatically in energy saving manner. Towards this goal, this paper first proposes data processing methods, including clustering and flexible matching, and then show a data mining recognition method over the processed data. We also demonstrate experimental results and show the effectiveness of this method.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
30 , 
ページ:
1-5 , 
ISSN:

潜在性を考慮したコンシューマ分析の提案 CiNiiでみる

著者名:
星野 寛登  杉村 博  松本 一教 

抄録:
この論文では従来からのアンケート調査によるデータ収集に加えて,人間の潜在的な特徴データを収集できるシステムを提案する.潜在的なデータを利用することで,従来のアンケート調査からは知ることのできなかった特徴を分析することが可能となる.本論文ではシステムの概要提案と小規模な実験結果を示す.This paper proposes a new combined method that can measure consumer attitudes. Conventional approaches such as interviews, protocol analysis, and data mining mainly focus on attitudes that explicitly appear on the conscious level so that implicit ones could not be measured by those conventional approaches. Recent studies on cognitive science states implicit human attitudes to some extent subject conscious behaviors. With this investigation, the implicit association test, which is often called IAT, is developed as an effective tool to measure implicit part of human understanding of things. We in this paper propose an extended version of IAT that runs on Web environment. Based on this tool, we propose a new data mining that reflects implicit information of human. This paper shows an essential idea of this study and results of small experiments.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
29 , 
ページ:
1-5 , 
ISSN:

Webアクセスログに基づくユーザの革新性推定手法の提案 CiNiiでみる

著者名:
市川 裕介  岸本 康成  小林 透 

抄録:
本論文では,ユーザの Web サイトへのアクセスログから,革新的ユーザか否かを推定する手法を提案する.革新的ユーザとは,新製品に興味を持ち自身の考えを持って商品を選択することができるユーザを指し,一般的にイノベータやアーリーアダプタと呼ばれるものである.推定にあたっては,革新的なユーザと保守的なユーザは EC サイトにおける Web ページの参照行動,具体的には各種 Web ページへの参照頻度が異なるという仮説に基づき,ユーザの購買商品の平均採用時期を正解データに, EC サイトの Web ページへのアクセス回数データを素性にして, Support Vector Machine を適用して革新的なユーザを推定する手法を提案する.本手法を, 7,000 名規模のパネルから収集した Web アクセスログを用いて評価した結果,正解データの妥当性,およびアンケート回答を用いた方法を上回る精度での推定ができることを確認した.We study a way of extracting user groups having a specific psychographics. Especially we define innovative users as that segment interested in buying new items. Identifying such users will allow more firms to develop and market new products more efficiently. This paper assumes that innovative users are interested in specific information found on particular web pages on an e-commerce website. Once those web pages have been identified, new users can be categorized as innovative based on the pages they access. We propose a method of analyzing web access logs to classify users as innovative or not and report its effectiveness.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
28 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

動画を用いたファッションカタログの複合マッチングへの拡張 CiNiiでみる

著者名:
石田 正明  市村 哲 

抄録:
電子ファッションカタログとしては現状では,写真からのシミュレーションや服を合成する手法がある.最近では, Kinect センサーを用いた Kinect Fitting Room が話題になった.しかし,背面や服のねじれ等のリアリティが出せていないことや長袖等,服によっては仮想試着を実装することが困難である等の問題点が挙げられる.この問題に対し著者らは過去において 「Kinectファッションカタログ」 (K.F.C.) を提案した.システムは,参照する動作を登録する 「登録フェーズ」 と登録された動作を参照する 「参照フェーズ」 の 2 つのフェーズから成る.しかし,上下のファッションコーディネートができないという問題があった.そこで今回,トップスとボトムスの登録および動きの認識を別々に行えるように拡張した.これにより,上下別々のモデルの服を組み合わせることが可能になった.評価実験として,本研究で作成したシステムを 20 代の被験者 5 名に使用してもらった.被験者には,実験終了後アンケート項目に解答してもらった.その結果,本システムが他のシステムと比べてファッションコーディネートに役になったと回答した.There was a technique for synthesizing CGs and clothes. Recently, "Kinect Fitting Room" that used "Kinect sensor" got into the news. However, it was difficult to see the back, a twist of the clothes or long sleeves, etc. In the past, the authors have proposed the "Kinect fashion catalog" (K.F.C.) for this problem. It consists of two phases, the "registration phase" which registers the action to be referred, and the "reference phase" which refers to the registered action. However, there was a problem that you can't tops and bottoms fashion coordination. I have extended to allow separate registration and recognition of the movement of the tops and bottoms. This allows to combine the top and bottom clothes separate models are now available. In an experiment, the 5 men in their 20s were asked to use. As a result, it as useful to the coordinated fashion.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
27 , 
ページ:
1-6 , 
ISSN:

空間位置に対応した詳細コンテンツ提示システム CiNiiでみる

著者名:
鈴木 浩  服部 哲  佐藤 尚  速水 治夫 

抄録:
従来の紙媒体のポスターでは,ポスターに記載された情報更新にコストを必要とし,時間帯や場所に合わせた情報提示をすることができない.近年では,このような問題を解決するために,大型ディスプレイにタッチパネルを備えたデジタルサイネージが登場しつつある.大型ディスプレイにタッチパネルを備えたデジタルサイネージでは,インタラクティブに情報提示を行える利点があるものの,導入コストや維持管理のコストが高く,駅や大型商業施設など一部の利用にとどまっている.そこで本論文では,近年急速に普及しつつあるタブレット端末を利用し,従来の紙媒体によるポスターを利用しつつもインタラクティブに情報提示が行えるハイブリッド型の情報提示システム 「ハイパーパネルシステム」 を提案する.本システムを利用することで,低コストながらインタラクティブな情報提示が可能となり,様々な場所でデジタル表現を用いた情報提示サービスを行える.本論文では,提案する本システムの概要とプロトタイプの実装及び本システムの可能性を示す.Costs are incurred when updating the contents of conventional posters. Moreover, conventional posters have a drawback in that they cannot deal with dynamic information, including time and location. Efforts to overcome this problem have led to the development of digital signage, which equips large displays with touch panels. Although digital signage has an advantage in that it facilitates interactive information display, its development and maintenance costs are extremely high. Therefore, it is currently used only at airports, railway stations, and large shopping malls. In this study, we propose a "Hyper Panel System", which combines the features of a tablet terminal, a paper-based poster and I/O devices. This system can be employed to realize low-cost interactive information displays based on digital representation for various purposes. In this paper, we present an outline of the proposed system and describe a packaging method.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
26 , 
ページ:
1-6 , 
ISSN:

著名人情報に基づいたTwitterフォローユーザ推薦システム CiNiiでみる

著者名:
黒柳智士  山田泰宏  鈴木浩  服部哲  速水治夫 

抄録:
Twitter [1] とは 2006 年に Twitter 社が始めた短文投稿型の Web サービスであるが,ユーザはつぶやくといった事を行う以外に,他のユーザをフォローすることで自分のタイムライン上にフォローしたユーザのツイーとが表示され,それによって会話のようなコミュニケーションを行うことができる.しかし,どのようなユーザをフォローすれよいか迷うことがある.そこで本研究では,フォロワーが多い著名なユーザに着目した.共通の著名人ユーザをフォローしているということは,その著名人ユーザのファン,或いは何かしらの興味,関心がある可能性が高いと考えることができる.著名人を共通にフォローしているユーザをフォロー推奨として提示するアルゴリズムの検討を行い,予備実験及び今後の展望を述べる.Overview: Twitter is a Web service type companies short Twitter posts began in 2006, In addition to carrying out such that the user herself, followed by other users Tween and of the user who own Follow on the timeline are displayed, thereby I can be carried out, such as communication conversation. However, you may wonder what should follow the user. In this study, we focused on the user many prominent followers there. Fan of celebrities that user, that user has to follow a common celebrity, or I can be considered likely that some kind of interest and concern. To the study of the algorithm is presented as follow recommended users you follow a common celebrity, Said the preliminary experiment and future prospects.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
25 , 
ページ:
1-4 , 
ISSN:

Pixivの二次創作イラストに含まれるジャンルタグの自動分類 CiNiiでみる

著者名:
竹渕瑛一  鈴木浩  服部哲  速水治夫 

抄録:
近年,投稿されたコンテンツに対して利用者が自由にタグを付けられるサービスが増加している.それに伴い,コンテンツに付けられたタグ群を自動分類する研究も盛んになっている.自動分類の一つとしてタグの階層化が挙げられる.タグの親子関係を構築することにより,検索の利便性を向上させる研究である.一方で,現状の研究では不特定のタグを階層化するため,目的のタグが見つからない問題がある.本論文は Pixiv を対象に,二次創作イラストに付けられるジャンルタグを自動分類する手法 (ジャンルタグ分類法) について述べる.ジャンルとは, 2 次創作における原作を意味している.ジャンルタグ分類法とは,対象のイラストのタグ群から,対象のイラストと同様なタグを付けたイラストとの相互関係によりジャンルタグの推定を行う手法である.ジャンルタグの分類を行うことによって,階層化されたタグのうち,どの階層にジャンルタグが存在するか特定できるようになる.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
24 , 
ページ:
1-5 , 
ISSN:

ユーザ関心を考慮したコンテンツ提供を行うモバイルアプリケーションモデルの構築 CiNiiでみる

著者名:
西岡 千文  呉 洋  岡田 謙一 

抄録:
近年,モバイルデバイスの利用は急速に高まっており,多数のモバイル・アプリケーションがリリースされている.しかしながら,モバイルデバイスの画面は小さく,表示できる情報量に制限がある.よって,モバイル環境では,ユーザが関心をもつと考えられる情報を表示することが重要となっている.ユーザ関心は, (a) ユーザが登録した情報, (b) アプリケーションにおけるユーザの行動より推測できる.方法 (a) では,ユーザはモバイルデバイスに自身の情報を入力しなければならない.モバイルデバイス上での入力作業は,その画面の小ささから煩雑でストレスを伴う作業である.方法 (b) では,コールドスタート問題が発生する.本稿は,ソーシャル・ネットワーキング・サービス上に存在するユーザ情報を利用することで,ユーザ関心に適した情報を提供するモバイルアプリケーションモデルを提案する.アプリケーションモデルは, SocialProfApp, ContentsApp という 2 つのモバイル・アプリケーションと, InputWebApp という 1 つのウェブ・アプリケーションから構成される. SocialProfApp は, SNS 上に散在するユーザ情報を利用することで,ユーザ関心を引き出す.ユーザ関心は,モバイルデバイス上のデータベースに保存される. ContentsApp では,ユーザ関心を利用して,効果的な情報提供を行う. InputWebbApp は,情報提供者側が利用するウェブ・アプリケーションであり,提供する情報を入力し,オンライン・データベースへの登録を行う.実際に,提案アプリケーションモデルを実現した研究者情報を提供するアプリケーションを実装した.Recently, mobile devices are more and more pervasive and a lot of mobile applications have been released. However, they have a limit to the amount of contents shown in a display because of its small size. To resolve this challenge, it is efficient to show contents suited to user interests. User interests can be predicted by (a) information registered by a user or (b) users' behavior on an application. In predicting by (a), users often have to input and register their information at the first use of an application. Input manipulations on a mobile device are troublesome. In predicting by (b), there is too little accumulation of users' behavior at the first use of an application to predict user interests. Hence, we propose the framework to provide contents suited to user interests with utilizing user information on several Social Networking Services. Three applications constitute our proposal: two mobile appliocations (SocialProfApp and ContentsApp), one web application (InputWebApp). SocialProfApp is a key mobile application in this study, which collects and integrates user information from several Social Networking Services and stores it into a database on a mobile device. By storing user information into a database on a mobile device, other applications also can use user information. ContentsApp is a mobile application, which provides contents to users. InputWebApp is a web application, which enables content providers to store contents into an online database. In this paper, we adopt this proposal to a scenario at a university building and implement applications.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
23 , 
ページ:
1-6 , 
ISSN:

クラス先読みの拡張によるAndroidアプリケーション起動時間の改善 CiNiiでみる

著者名:
永田 恭輔  服部 拓也  中村 優太  野村 駿  山口 実靖 

抄録:
Android スマートフォンにおいて,アプリケーションの起動時間はユーザーにとって重要な性能の一つとなっている.しかし, Android アプリケーションは特殊な起動手順により起動されるため,その動作の詳細な解析が実現されておらず,起動時間の短縮に関する研究はほとんどなされていない.本研究では, Android 端末におけるアプリケーション起動時間の短縮を目的として,まずアプリケーション起動時間の解析システムの提案と構築を行う.具体的にはアプリケーション起動手順にて使用される Android 内の実装 (Android カーネル,アプリケーションフレームワークなど) にイベント発生時刻を記録する機能を追加し,起動時間の調査を実現する.そして, Zygote の読込済み (preload) クラスの拡大,アプリケーション固有クラス (非標準クラス) の preload によりアプリケーション起動時間を短縮する手法を提案する.アプリケーション起動時間の解析システムを実装して評価したところ,提案解析システムによりアプリケーション起動時間の詳細解析が可能となり,多くの時間を消費している箇所の特定が可能であることが分かった.また,起動時間短縮手法を実装して評価したところ, preload クラスの拡大手法とアプリケーション固有クラスの preload の手法にて起動時間の短縮が見られ,提案手法の有効性が確認された.Application launching time is one of the most important performances for Android smartphone users. However, launching performance is not discussed enough because Android applications are launched based of its specialized launching procedure. In this paper, we discuss Android application launching time. First, we have proposed an application launching time analyzing system and have shown analytical results of practical applications. Second, we have proposed application launching time improvement methods, which have enhances preload function of Zygote process. Our experiments have demonstrated that the proposed methods have been able to improve application launching time.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
22 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN:

Androidにおけるプロセスメモリ管理の改善 CiNiiでみる

著者名:
野村 駿  服部 拓也  永田 恭輔  中村 優太  山口 実靖 

抄録:
Android は,スマートフォン,タブレット PC,音楽プレイヤーなど様々なデバイスで採用されており,重要性が増している. Android には, low memory killer と呼ばれる独自のプロセスメモリ管理システムが搭載されており,メモリ不足時にプロセスを強制終了し,空きメモリを確保する.このプロセスの強制終了により,再度同じアプリケーションを使用する場合にプロセスの再起動が必要となるため,ユーザの利便性が低下することがある.本稿では, low memory killer における強制終了プロセスの選定手法に着目し,新しい選定手法を 2 つ提案する.一つは,アプリケーションの新規起動時間を計測し,新規起動時間の長いアプリケーションが強制終了されづらくする手法である.もう一つはアプリケーション起動順を LRU にて管理し,最後に使用されてからの時間が短いアプリケーションを強制終了されづらくする手法である.評価の結果,両手法とも Android 標準の low memory killer の選定手法よりも合計アプリケーション起動時間を低減させることが可能であり,特に実際のユーザの使用履歴に近い環境で LRU が有効であることが確認された.Android is widely applied to a variety of devices, such as smartphones, tablet PCs, and music players. It has become one of the most important platforms. Android operating system has an original memory management system, which is called "low memory killer". When enough memory is not available, low memory killer terminates processes according to its policy. However, the selection based on its policy does not always meet users' requirement. Thus, it sometimes harms users' convenience. In this paper, new termination policies based on time consumed by re-launch and one based on LRU are proposed. The proposed policies are implemented in Android operating system and are evaluated with application launching experiments. The experimental results have demonstrated that the times consumed by the proposed methods are smaller than that of the standard methods.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
21 , 
ページ:
1-5 , 
ISSN:

Android OSの状態変化通知機構における通信集中回避制御手法の検討 CiNiiでみる

著者名:
川崎 仁嗣  神山 剛  小西 哲平  大久保 信三  稲村 浩 

抄録:
Android OS では,ユーザ操作やタスクの動作により発生した端末状態変化を他のタスクへ通知する仕組みが提供されている.あるタスクに因る端末状態変化に伴って他のタスクが動作するため,タスクの挙動によっては開発者の意図していなかったタイミングで動作してしまうことがある.結果として,短期間に集中した通信を発生させてしまうことがあり輻輳の原因となる.本研究では,端末状態変化の通知タイミングを遅延させることで通信集中を回避する制御手法を提案する.実端末を用いた評価において,意図しないタイミングでの動作が抑制されていることを確認した.An event delivery mechanism, that deliver an event indicating a change in states caused by user operation or other tasks, is provided on the Android OS. Due to invocation of tasks when a task changed a device states, tasks may be invoked at developer's unintended timing. Thus a burst traffic may occur in the short term and be appeared as a network congestion. In this paper, we propose a congestion avoidance method by delaying a timing of event delivery. We confirmed that our method suppresses unintended invocations in our evaluation.

出版年月日:
2013-01-09 , 
巻:
2013 , 
号:
20 , 
ページ:
1-8 , 
ISSN: