論文検索アンテナ

論文検索をすこし身近に、すこしべんりに。

Surgery today : the Japanese journal of surgeryの検索結果

静脈学国際指標の日本語翻訳事業1—翻訳事業総論およびCEAP分類— CiNiiでみる

著者名:
赤木 大輔  今井 崇裕  孟 真  渡部 芳子  福田 和歌子  星野 祐二  細井 温  小川 智弘  八巻 隆 

抄録:

日本静脈学会国際委員会では,静脈学国際的指標の日本語版作成を進めている.翻訳事業の概要と方法について報告した.また,静脈学国際的指標のうち,CEAP(Clinical-Etiology-Anatomy-Pathophysiology)分類は,そのすべてまたは一部が今日,殆どの慢性静脈疾患に関する臨床論文に用いられていると言えるほどの普遍的な分類である.2020年に16年ぶりに改訂された最新のCEAP分類について日本語翻訳とその使用法の実際を記載した.学会公式版として日常臨床/研究にお役立ていただけると幸いである.


出版年月日:
2021 , 
巻:
32 , 
号:
1 , 
ページ:
69-76 , 
ISSN:
0915-7395

口腔症状を伴ったLichen planus pemphigoidesの1例 CiNiiでみる

著者名:
三村 真祐  伊藤 良平  久保田 耕世  成田 紀彦  小林 恒 

抄録:

Lichen planus is a common chronic inflammatory disease that affects the skin and mucous membranes, including the oral mucosa, whereas lichen planus pemphigoides is a rare disease. A 74-year-old woman who developed blistering and inflammation of the oral mucosa after the appearance of skin lesions was referred to our hospital for consultation. We examined her serum antibody titer, performed histological and immunohistochemical examinations of the oral mucosa, and consulted a dermatologist. The patient was ultimately diagnosed with lichen planus pemphigoides. After treatment, the blisters in the oral mucosa disappeared. Careful follow-up continues to this today.


出版年月日:
2020 , 
巻:
66 , 
号:
12 , 
ページ:
633-636 , 
ISSN:
0021-5163

VR手術シミュレータの20年と今日的意義 CiNiiでみる

著者名:
藤原 道隆  岩田 直樹  三澤 一成  丹羽 由紀子  高見 秀樹  田中 千恵  小寺 泰弘 

抄録:

It has been about 20 years since the commercial use virtual reality (VR) surgical simulator was launched.

We have used VR surgical simulator for surgical education from early stage. At present, the weight of the VR simulator in current surgical education is lower than initially expected. This has been mainly due to the discord between the expectation for the functions of the VR simulator of the coaching surgeon and the actual use of the VR simulators without essential comprehension of simulation training. In addition, the focus of developers of the VR simulators has been besides the points.

In this article, we summarize the situation of VR simulator so far, and describe the future measures of surgical training using VR simulators more effectively from the view point of clinician.


出版年月日:
2020 , 
巻:
16 , 
号:
1 , 
ページ:
1-14 , 
ISSN:
1347-9342

下顎骨骨折の診断と治療 −基本原則− CiNiiでみる

著者名:
管野 貴浩 

抄録:

Surgeons treating maxillofacial bone fractures seek to recover complex preinjury dento-oral and maxillofacial functions including occlusion and mastication, reconstruct pre-trauma bone structure, and regain the pre-trauma facial appearance, thereby facilitating social reintegration. Mandibular fractures are the fractures commonly encountered by oral and maxillofacial surgeons in daily practice. To obtain good clinical results, surgeons must make appropriate diagnoses, be very familiar with the treatment of choice, have an indepth knowledge of anatomy and biomechanics, and have considerable experience with the unique features of the various surgical approaches as well as the use of fixation devices, materials, and osteosynthetic systems. When using conservative treatments, mandibular bone fragments are indirectly reduced and stabilized by re-establishment of the appropriate occlusal relationships; in such cases, an intermaxillary fixation device is generally placed for a limited time. Today, patients demand early restoration of social integration and function; thus, it is key to ensure uneventful bone healing and sound reunion without complications using surgical treatment of open reduction and internal fixation. Titanium plates and screws may be used for mandibular buttressing and to afford rigid fixation/osteosynthesis of mandibular bony fragments or segments. The various osteosynthetic techniques are based on the Champy's ideal line theory and the AO concepts of load-sharing and load-bearing during osteosynthesis; these parameters are affected by the mandibular fracture type, mode, and pattern. In this review, we introduce and discuss the basic diagnostic and treatment principles of mandibular fractures, excluding mandibular condyle fractures.


出版年月日:
2020 , 
巻:
66 , 
号:
10 , 
ページ:
473-482 , 
ISSN:
0021-5163

脳動脈瘤手術の今後の可能性 CiNiiでみる

著者名:
遠藤 英徳  佐藤 健一  杉山 慎一郎  藤村 幹  冨永 悌二 

抄録:

 脳動脈瘤手術は, 顕微鏡の導入, 内視鏡や各種モニタリング技術の発展とともに進化を遂げ, 確立した治療手段として普及した. しかし近年, 血管内治療の目覚ましい発展に伴い, 脳動脈瘤手術を取り巻く環境は混沌としている. これまで, International Subarachnoid Aneurysm Trial (ISAT) をはじめ, 治療の優越に関する議論が中心であったが, hybrid surgeonが登場した最近では, 治療の協働・分担・補完に関する考え方も重要となりつつある. 今後は, イメージング, 流体解析, 分子生物学を駆使し, 病態理解を深めたうえで, 個々の症例に合わせて治療の最適化を目指すべきであると考える.


出版年月日:
2020 , 
巻:
29 , 
号:
2 , 
ページ:
86-93 , 
ISSN:
0917-950X

NOM時代における外傷性肝損傷に対する治療成績:―NOMの適応と限界に関する検討― CiNiiでみる

著者名:
吉屋 匠平  皆川 亮介  伊藤 心二  赤星 朋比古  梶山 潔 

抄録:

【背景/目的】外傷性肝損傷治療の基本は非手術療法(以下,NOM)であり,その実際を明らかにする。【対象/方法】対象期間は2010年1月より2015年12月,16施設に対しアンケート調査を行い,鈍的肝損傷症例を抽出し,NOM選択例の治療経過を検討した。【結果】対象は239例,年齢39.6歳,男性155人,肝損傷分類Ⅰa:Ⅰb:Ⅱ:Ⅲa:Ⅲb=38:101:24:23:53,受傷機転は交通外傷が最多だった。NOM選択率は95.4%,NOM完遂率は94.7%,晩期合併症6例(2.5%),死亡19例(7.9%)であった。肝損傷による死亡は8例であり,うちNOM逸脱例が4例(出血死)を占めていた。またⅢ型肝損傷例におけるNOM逸脱の危険因子は輸血量とアシドーシスであった。【結語】出血が原因でNOM逸脱となった症例の予後は悪く,アシドーシスや輸血必要量を考慮した初期治療選択やNOM後の慎重な経過観察が予後改善に重要であると考えられた。


出版年月日:
2019 , 
巻:
39 , 
号:
7 , 
ページ:
1179-1183 , 
ISSN:
1340-2242

外傷性末梢動脈損傷の病態とIVR−動脈解離を中心に− CiNiiでみる

著者名:
鈴木 皓佳  横山 太郎  近藤 浩史  山本 真由  原 卓也  人見 秀  山本 浩大郎  小澤 瑞生  戌亥 章平  座古 竜世  菅原 利昌 

抄録:
Traumatic peripheral artery injury, including arterial dissection, is rare but occurs during high energy trauma, due to falls or motor vehicle accidents. Although the treatment depends on the type of injury, the primary goals are to control bleeding and avoid ischemia. Before World War II, ligation and amputation were the only options available to preserve life after such injuries. Subsequently the development of vascular surgery facilitated salvage of the injured limb and improvement of the therapeutic outcome of traumatic peripheral injury. Today, because of advances in diagnostic imaging and endovascular treatment devices, we can treat artery injuries with minimal invasiveness. Here, we focus on the pathogenesis and management of traumatic peripheral artery injury.

出版年月日:
2019 , 
巻:
34 , 
号:
2 , 
ページ:
145-150 , 
ISSN:
1340-4520

日本における医療経済の行方と手術室運営について CiNiiでみる

著者名:
三浦 倫一  大嶽 浩司 

抄録:

日本の社会保障制度は急激な変化を求められている.1960年代に作られた現在の社会保障制度は,少子高齢化を特徴とする現代社会に適応していないからであるが,保健医療も,これまでの病院完結型医療から,医療の質という考え方を重視した地域完結型医療へと大きく変化していくだろう.麻酔科医師として,手術室を中心として急性期医療を充実させることが大事であり,そのために手術室チーム医療,集中治療,麻酔科術前外来,ERAS(Enhanced Recovery After Surgery),勤務時間制限のある医師の活用などさまざまな工夫を昭和大学手術室では試みている.


出版年月日:
2019 , 
巻:
39 , 
号:
3 , 
ページ:
327-334 , 
ISSN:
0285-4945

脳卒中の外科の近未来 CiNiiでみる

著者名:
冨永 悌二 

抄録:

 わが国の脳卒中の外科は, 病態研究から患者管理に至るまで, 世界に冠たる功績を残してきた. 今後も血管内治療と協働していくと考えられるが, 開頭による治療はさまざまな状況において脳卒中治療の基盤として位置する構造は変わらない. 技術認定医の育成や, 先端技術との融合などにより, 近未来の脳卒中の外科も時代に即して発展していくと考えられる.


出版年月日:
2019 , 
巻:
28 , 
号:
1 , 
ページ:
4-7 , 
ISSN:
0917-950X

バセドウ病の放射性ヨウ素治療-バセドウ病に対する放射性ヨウ素内用療法の現状をみて感じること- CiNiiでみる

著者名:
野口 靖志 

抄録:

バセドウ病に対する放射性ヨウ素内用療法は,手技が簡単でなおかつ安全な治療と考えられている。このためか,最近では治療手技のさらなる簡素化が進み,治療目標もただhypothyroidにすれば良いということになってしまった様である。しかし,この様な治療手技の簡素化や治療目標の単一化によって治療自身の安全性は本当に担保されるのであろうか。今回,ここに放射性ヨウ素内用療法の復習をするとともに,治療にあたり何を注意するべきか,なぜ手技の簡素化を行うべきでないか,治療にあたり何をするべきではないかについて述べ,解説する。


出版年月日:
2018 , 
巻:
35 , 
号:
3 , 
ページ:
156-161 , 
ISSN:
2186-9545

気道閉塞および上大静脈症候群で発症した巨大梅毒性胸部大動脈瘤の1例 CiNiiでみる

著者名:
安川 峻  真鍋 晋  平山 大貴  平岡 大輔  葛井 総太郎  内山 英俊  大貫 雅裕  広岡 一信 

抄録:

梅毒性大動脈瘤は抗生剤による治療が確立した現在では稀な疾患であるが,巨大な場合には周囲臓器を圧排して発症することがある.今回われわれは,気道閉塞および上大静脈症候群で発症した巨大梅毒性胸部大動脈瘤を経験し,良好な結果を得たので報告する.症例は62歳,男性.呼吸困難を主訴に前医に救急搬送され,CT検査で上行から弓部にかけて最大径90 mmの嚢状大動脈瘤を認めた.圧排により両側主気管支は高度に狭窄し,上大静脈は完全閉塞していた.検査中に気道閉塞から呼吸停止となったが蘇生され,気管内挿管後に当院転院搬送となった.人工呼吸器管理とするも呼吸状態が不安定なため緊急手術を行った.大動脈瘤は胸骨裏面に達していたため,大腿動静脈バイパスで体外循環を開始して冷却し,循環停止下に開胸した.大動脈瘤と周囲臓器の癒着は強固であった.脳分離体外循環を用いて上行大動脈から腕頭動脈遠位まで1分枝再建を伴う上行部分弓部大動脈置換術を行った.術前の梅毒血清反応は強陽性で,病理学的所見からも梅毒性大動脈瘤と診断した.術後のCT検査で両側主気管支の狭窄は解除されていた.術後benzyl penicillinを14日間投与し,大きな合併症なく退院となった.


出版年月日:
2018 , 
巻:
47 , 
号:
3 , 
ページ:
148-152 , 
ISSN:
0285-1474

Clinical Usefulness of Wearable Cardioverter Defibrillator (WCD) and Current Understanding of Its Clinical Indication in Japan CiNiiでみる

著者名:
Niwano Shinichi  Sekiguchi Yukio  Ishii Yosuke  Iwasaki Yuki  Kato Ritsushi  Okamura Hideo  Takagi Masahiko  Kurita Takashi  Nitta Takashi 

抄録:

Prevention of sudden cardiac death (SCD) has become an important issue in today's cardiovascular field, together with various developments in secondary prevention of basic cardiac diseases. The importance of the implantable cardioverter defibrillator (ICD) is now widely accepted because it has exhibited significant improvement in patients' prognoses in ischemic and non-ischemic cardiovascular diseases. However, there is an unignorable gap between the ICD indication in the guidelines and real-world high-risk patients for SCD, especially in the acute recovery phase of cardiac injury. Although various studies have demonstrated a clinical benefit of defibrillation devices, the studies of immediate ICD use in the acute recovery phase have failed to exhibit a benefit in patients from the point of the view of a decrease in total deaths. To bridge this gap, the wearable cardioverter defibrillator (WCD) provides a safer observation period in the acute phase and eliminates inappropriate overuse of ICD in the subacute phase. Here, we discuss the usefulness of the WCD and current understanding of its indications based on various clinical data. In conclusion, WCD is a feasible bridge to therapy and/or safe observation for patients at high risk of SCD, especially in the acute recovery phase of cardiac diseases.


出版年月日:
2018 , 
巻:
82 , 
号:
6 , 
ページ:
1481-1486 , 
ISSN:
1346-9843

骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的治療と手術適応 CiNiiでみる

著者名:
尾原 裕康 

抄録:

 骨粗鬆症性椎体骨折は保存的治療のみで治癒することが多い病態であるが, 椎体圧潰の進行により下肢麻痺, 膀胱直腸障害をきたす可能性もある. また骨粗鬆症性椎体骨折をきたした症例は続発する骨折のリスクが高く, 健康寿命ばかりではなく生命予後に影響することも知られている. 高齢者社会を迎え骨粗鬆症性椎体骨折に遭遇する機会が増えている. 骨粗鬆症に対する基礎知識は外科治療のみならず外来診療でも要求されると考えられる.


出版年月日:
2018 , 
巻:
27 , 
号:
4 , 
ページ:
291-299 , 
ISSN:
0917-950X

てんかんの診断と外科治療の適応と課題 CiNiiでみる

著者名:
國枝 武治  菊池 隆幸  吉田 和道  松本 理器  宮本 享 

抄録:

 てんかんの治療戦略上, 病態の正確な把握が最も重要である. まず, てんかんの診断では, 病歴聴取に始まり, 発作時の症状や変化, 神経学的症状, 脳波検査, CT/MRIといった画像検査を組み合わせることが必要となる. さらに, 症例によっては, 発作時症状と脳波を記録可能な長時間モニタリングが大変有用であり, てんかん以外の発作鑑別には欠かせないものと考えられる.

 初期治療は内科治療になるが, 画像診断の発展に伴って, 外科治療も適応を広げている. 特に, 切除術において良好な発作予後を得るには, 「てんかん原性領域」 の同定が必須となる. 単一で焦点診断が可能な非侵襲的検索手法は現在までに存在せず, 複数を統合して評価に用いている. 各手法間に差異が認められる場合や機能領域との境界が不明確である場合には, 脳活動を直接記録できる頭蓋内電極による侵襲的な脳波記録が必要となる.

 しかし, 従来の手法で主に用いられてきた硬膜下電極にも限界があり, 近年, 定位的深部脳波 (stereotactic EEG : SEEG) が注目されている. また, 脳内ネットワークの変容が疾患の主体であるという疾病概念が提唱され, これに介入することで症状の緩和と良好なコントロールを得ようとする試みが始まっている.


出版年月日:
2017 , 
巻:
26 , 
号:
12 , 
ページ:
856-863 , 
ISSN:
0917-950X

Functional Venous Anatomy of the Brain for Neurosurgeons CiNiiでみる

著者名:
Komiyama Masaki 

抄録:

  A thorough knowledge of the functional vascular anatomy of the brain is becoming increasingly required in neuro-interventional procedures. Similarly, this knowledge is also required in neurosurgery, especially when a particular artery or vein is to be sacrificed during surgery. Permanent occlusion of a major artery can be challenged by a balloon occlusion test, but for venous sacrifice, such a procedure is practically not applicable. Up to now, reliable methods to judge the safety of such destructive procedures were lacking. Knowledge of the basic angioarchitecture of the cerebral veins, in other words, the "functional anatomy of the cerebral veins" may help us to better understand the safety or risk of sacrificing cerebral veins. Today, 3D-CT angiography, digital subtraction angiography and cone-beam CT provide detailed information on the precise cerebral venous anatomy to help us understand the functional venous anatomy and to make informed decisions.


出版年月日:
2017 , 
巻:
26 , 
号:
7 , 
ページ:
488-495 , 
ISSN:
0917-950X

Risk Factors for Poor Prognosis of Coronary Artery Bypass Grafting in the Patients with Diabetes CiNiiでみる

著者名:
Tsuneyoshi Hiroshi  Jinno Taiyo  Tominaga Osamu  Komiya Tatsuhiko  Shimamoto Takeshi  Sakai Jiro  Hiraoka Toshifumi  Wada Kenji  Kaneko Hiroyuki  Fujimoto Yuka  Furuichi Yoshimasa 

抄録:
Background: Diabetes is one of the most frequent comorbidities in patients undergoing coronary artery bypass grafting (CABG). Today, half of the patients who need CABG suffer from diabetes. Those patients tend to present poor prognosis as compared with nondiabetic patients. However, the most influential factor in surgical outcomes of CABG patients with diabetes remains unclear. The purpose of this study was to identify risk factors that contribute to poor post-CABG prognosis in patients with diabetes. Methods: A total of 1,139 patients underwent CABG from January 2000 through July 2015. Of those patients, 599 patients had diabetes (DM group), and the other 540 patients did not (non-DM group). We retrospectively investigated early and late clinical outcomes between the 2 groups. In the DM group, multivariable analysis was performed to identify the risk factors for survival. Results: The diabetic patients had more incidents of comorbidities than the nondiabetic patients. However, hospital mortality after CABGs between the two groups was similar even though the incidence of deep sternal infection, renal failure, and respiratory failure were higher in the DM group than in the non-DM group. All-cause mortality during follow-up was significantly higher in the DM group. The predictors of poor prognosis for diabetic patients after CABGs were old age, peripheral vascular diseases, severity of carotid atherosclerosis, and hemodialysis, not the number of arterial grafts used. Conclusions: Poor prognosis factors after CABGs in diabetic patients were concomitant chronic renal failure and advanced atherosclerosis. The number of arterial grafts used in the CABGs had no influence on the long-term mortality of patients with diabetes.

出版年月日:
2016 , 
巻:
22 , 
号:
4 , 
ページ:
251-257 , 
ISSN:
1341-7703

<顎関節脱臼:高齢化社会における対応>顎関節脱臼の外科療法における戦略とフローチャート CiNiiでみる

著者名:
瀬上 夏樹 

抄録:
顎関節脱臼は,高齢認知症患者で激増し社会問題化しつつある。一方で本症に対する外科療法は枚挙に暇がなく,一定の適応基準も策定されていない。そこで以下の問題提起と外科療法の適応フローチャートを提唱するために,自験的,文献的検討を行った。まず,本邦では顎関節脱臼に対して外科療法を含む総括的診療の専門施設がほとんどなく,患者がある意味で難民化していることである。これを早急に解決すべく学会主導による病院間の連携システムを構築することを提案する。次に,これまで行われてきた手術法は,大別して運動平滑化法と運動抑制法であり,前者は関節結節削除術(Eminectomy)で,後者はLeClerc氏手術,捕縛拘束術である。当科で過去20年間に手術を施行した77例のうち,関節鏡視下結節形成術16例を除く61例で奏効率は87%であった。8例の再発例はすべてEminectomy単独施行例で,円板切除あるいは高位下顎頭切除を加えた群では再発はなかった。陳旧性,習慣性の両群でも差はなかった。また鎮静局麻下で施行可能な直達アプローチの成績も良好であった。周術期偶発症は術中17%,術後20%と高かった。以上の経験ならびに文献的考察より,顎関節脱臼患者に対する診断・外科療法チャートを提唱した。まず,基礎的全身疾患,認知症の有無の診査と専門医への対診を行う。またジストニアの合併や可能性の評価からEminectomyあるいはLeClerc氏手術の判断を行い,次にpneumatizationなど局所状況を評価して各手術の適応判断を行うことで良好な外科療法の適応が遂行できると考えられた。当然,高齢ハイリスク患者の手術であるから,致命的なものを含めた合併症への対策と説明は必須となる。

出版年月日:
2016 , 
巻:
28 , 
号:
1 , 
ページ:
14-21 , 
ISSN:
0915-3004

下腸間膜静脈周囲リンパ節―献体10例における肉眼的・顕微鏡的検索― CiNiiでみる

著者名:
石田 晶玄  坂田 直昭  片桐 宗利  吉松 軍平  大沼 忍  北田 容章  元井 冬彦  内藤 剛  海野 倫明 

抄録:
目的:左側結腸癌に対する手術において,下腸間膜静脈の処理については一定した見解がなく,下腸間膜静脈とその周囲組織は一般的に郭清の対象として考えられていない.また,下腸間膜静脈周囲のリンパ節の存在自体も明らかにされていない.著者は以前,下腸間膜静脈周囲リンパ節に転移を認めた下行結腸癌の症例を経験した.その経験に基づき,複数の解剖実習体を用いて下腸間膜静脈周囲リンパ節の探索を行い,その存在を明らかにすることを試みた.方法:10例の解剖実習体を用いて下腸間膜静脈周囲リンパ節の探索を行った.下腸間膜静脈の肉眼的観察の後,周囲組織を含めて下腸間膜静脈を採取し,顕微鏡下にリンパ節を検索した.結果:全10例中8例に,下腸間膜静脈周囲リンパ節を認めた.うち4例において脾静脈・上腸間膜静脈合流部からも左結腸動脈交差部からも離れた中間部にリンパ節を認めた.以上より,下腸間膜静脈周囲リンパ節は比較的高頻度に存在するものと考えられた.結語:下腸間膜静脈周囲リンパ節は古くは1900年代の教科書にも記載されているが,今日の大腸癌手術においてはほとんど顧みられていない.しかしながら,左結腸リンパ流の主経路にある左結腸リンパ節が腫瘍の転移などで閉塞した場合は下腸間膜静脈に沿ってリンパ節転移する可能性がある.下腸間膜静脈周囲リンパ節の臨床的な意義を明らかにするためにも今後の臨床データの蓄積が必要である.

出版年月日:
2016 , 
巻:
49 , 
号:
4 , 
ページ:
261-266 , 
ISSN:
0386-9768

慢性疼痛に対する標準的刺激治療 CiNiiでみる

著者名:
齋藤 洋一 

抄録:
 脳脊髄刺激療法を中心に難治性慢性疼痛治療について解説する. 脳脊髄刺激療法には, 脳深部刺激療法 (DBS), 一次運動野電気刺激療法 (EMCS), 反復経頭蓋磁気刺激療法 (rTMS), 脊髄刺激療法 (SCS) がある. DBSに対して米国FDAは認可していない. 本邦では限られた施設において, 末梢性神経障害性疼痛などに有効性が報告されている. EMCSは日本で開発され, 世界に広まった治療法であるが, 有効性が50%程度であり, 侵襲的治療法であるため, 施行数が伸びていない. 最近は非侵襲であるrTMSに代わられつつある. rTMSによる一次運動野刺激療法は欧州ガイドラインではレベルAに推奨されている. 効果が一時的であるため, 継続治療をどのようにするかが問題であるが, 在宅でも施行できるrTMS機器の治験が日本で始まろうとしている. SCSは低侵襲治療で, 椎弓切除後症候群がよい適応であるが, 一般にSCSが効かないとされる脳卒中後疼痛でも40%の患者で30%の除痛効果が見込める. 今後, 機器の発達によっては, より浸透するであろう. 後根侵入帯破壊術 (DREZotomy) は, 引き抜き損傷後疼痛の周期性激痛に有効性が高い. 脳脊髄刺激療法のよい適応は, 比較的若年で, 持続痛, 末梢性の痛み, 運動感覚障害が軽微な症例であり, 引き抜き損傷後疼痛の周期性激痛はDREZotomyがよい適応となる.

出版年月日:
2016 , 
巻:
25 , 
号:
2 , 
ページ:
143-148 , 
ISSN:
0917-950X

高齢者大腿骨骨折患者に対する周術期専門的口腔ケアの効果 CiNiiでみる

著者名:
妹尾 日登美  中野 優子  徳宮 元富  應谷 昌隆 

抄録:
超高齢者社会を迎え,大腿骨骨折の患者は増加してきている.高齢者の大腿骨骨折は自宅での転倒などの軽微な損傷で容易におこる.一旦大腿骨骨折が生じるとADLが低下し,たちまち口腔内環境は悪化する.大腿骨骨折患者の術後におこる合併症として最も多いのが肺炎である.そこで,われわれは70歳以上の大腿骨骨折患者165人を対象に周術期専門的口腔ケアの効用につき検討した.
 周術期専門的口腔ケアを行った群(介入群)79例と行わなかった群(非介入群)86例に分類し,手術後1か月間において,各群の術後発熱,3日以上持続する発熱,肺炎の発症,創部感染の有無について調査した.手術後の発熱,3日以上持続する発熱の頻度については非介入群において多かったが有意差は認めなかった.肺炎の発症は介入群1例,非介入群7例に認められ,統計学的に有意に介入群のほうが少なかった.創部感染は非介入群において1例認めたのみであった.
 高齢者大腿骨骨折患者の術後肺炎予防に周術期口腔ケアは有用であり,積極的に行っていくべきであると考える.

出版年月日:
2015 , 
巻:
24 , 
号:
1 , 
ページ:
9-14 , 
ISSN:
0918-8150